cinemaでおしゃべり

Star Wars/ヘイデン中心なのはもちろんですが、それ以外の映画についてまた映画以外の会社の愚痴?も書き込みたいと思いま~す。

火曜日, 9月 27, 2005

ヘイデン・ミニ情報


ちょっとここらでまともな内容にしないと呆れられると思いますので(笑)。いっつも「裏話」していると思われるのも嫌なので。。。」で画像も爽やかにしてみました!でないといい加減怒られそうです。(笑)
「裏話」ばかりしてー!!!って。(笑)

ヘイデンのミニ情報です。バンクーバー生まれはご存知だと思いますが
・教育はオンタリオ/トロントのマークハムにあるUnionville high school(知ってどうするのーって?)
・住んでいる(現在もなのかは不明ですが)のはオンタリオのリッチモンド。」
・お兄さん&友人たちと誰かが誕生日の日にはその本人には行き先を知らせず「誘拐するように」して車で向かい、その日はバイクを乗ってすごしているようです。
・EP2で来日した時に「マーク・ハミルみたいになる可能性があるけれどどう?」と訊かれて、「自分は自惚れないで地道にどんな役でもこなせるのがあれば脇役でも出ていきたい」と答えたそうな。
さすがです!
・EP2のアナキンに関しては彼も相当不満だったようで、ジョージに「いつも泣き言ばかり言ってメソメソしているあんなガキは演りたくない。ダースベイダーを演りたいのにー」と最初は言ったそうな。
でも最後はEP2のアナキンはあれで良かったと納得してますけれどね。彼の性格はかなり硬派と見た!いいですねー。私は硬派な人が大好きでーす。(><)

もし知ってらしたらごめんなさいねー。また何かあれば書き込みまーす。

16 Comments:

  • At 9:45 午後, Anonymous appi said…

    こんばんは~
    今日はお休みでしたので何度か出没いたしております。
    え~、気分を変えてコメントを。
    m&mさん、私やっぱり「素」のヘイデン好きです~。
    今もパッと画像が出た瞬間「ひゃぁ~っ!」と身体が震えました。今日ぐらいの大きさの画像ですとインパクトも大きくて、ヘイデンがせまって来る感じです!
    いつもいつも楽しませてもらってばかりで申し訳ないです。昨日はブログのご機嫌もよろしくなかったようですね。
    これからもかっこいいヘイデンお茶目なヘイデン硬派のヘイデンを楽しみにしてますね。(真面目な発言もたまにはする・・・・)←と書くあたりが不真面目?

     
  • At 10:13 午後, Anonymous lynn said…

    ええと、またまたお邪魔します。こんばんは。今日もお仕事が休みなので(SWの仕事来ないかな??)あちこち徘徊しております。

    今日は裏モード炸裂済みですので、おとなしくねようと思いましたが、appiさんが真面目なコメントを出されていますので小判鮫のごとく真面目にお邪魔することにしました。(真面目にしようとすると舌の滑りがよくないような気がしないでもない、アーアー)

    演技の上でのずば抜けた才能と並はずれた容姿は別として、Haydenの魅力は人間性の軸がきちんと出来上がっているところ。若いのに老成しているというか、舞い上がっているとか浮ついているようなところもなく、とても安心して見てられるんですよね。危なっかしいところがない(ただしタバコを除く)。それでいてとても素朴でキュート。一挙手一投足から目が離せません。
    では真面目なコメント終わり。
    ((((((( ‥)ノ |EXIT|

     
  • At 10:28 午後, Blogger m&m said…

    こんばんはー。
    またappiさんは壊れてますねー。(笑)
    じゃあ、今度この前の「パソコンへイデン」の写真と「後ろ姿へイデン」の写真を今回ぐらいのサイズで再度アップしてあげましょう!
    lynnさん、あまり無理しない方がいいですよ。(笑)真面目になり過ぎてもいけません!私も無理しません。(笑)
    でもねー、ヘイデン君「硬派」だとしてもあんなに女性とパパラッチされていて、いいのだろうかー。「硬派」なのに「女性大好き」発言しちゃってますからねー。うーむ。
    ちょっと弾け過ぎているのが心配です。

     
  • At 10:45 午後, Anonymous ny said…

    m&mさん、こんばんわ。
    是非是非、「パソコンヘイドン」今回の大きさにしてくださ~い!! 印刷して会社の机の前に飾るぞ・・・
    以前会社で、知り合いのアメリカ人の男の子(16歳)の写真を貼ったら、会社の人に「ご主人?」って勘違いされたことがあるけど、今度も勘違いされたら?(誰がするか!)ど・う・し・よ・う・・・・
    ところで、m&mさん、パパラッチってどのくらい頻度で? すいません、ヘイデン病歴の浅い私は、彼の「未知?」な部分も多く、エリザベッタぐらい? あ、でも、言わないで! 知らないほうが幸せ?!

     
  • At 10:47 午後, Anonymous Tom said…

    m&mさん、さわやかなライトサイドな写真をありがとうございます!なんか明かるい気分になれました~!!さっき見た時より画像が増えてて嬉しくなっちゃいました☆かわいいなぁ~さわやかヘイデン(^^)無邪気に見える!!
     でも、硬派なはずなのに確かにパパラッチは心配です・・・。若いからしょうがないか~(泣)
     ところで、オペラ座の怪人見てきましたよぉ~舞台!最後泣きました。ファントムかっこよかった~!ジェラルドのDVDも今度見ます!!
     

     
  • At 11:12 午後, Blogger mac_rin said…

    m&mさん、いつもステキな写真をありがとうございます!

    とっても爽やかな写真ですね~♪
    こんなに爽やかな青年があんなにコワイお顔のアナキンになれるなんて、やっぱりヘイデンは凄いですね!

    女の子とのパパラッチはもう少し撮られないようにすればよいのに…(^_^;)と思います。ファンがヤキモキしますよね。

     
  • At 11:17 午後, Anonymous Akemi said…

    m&mさん、皆さん、今晩は。
    ブログの調子が悪かったそうですね。
    大変でしたね。
    でも良くなって良かったです。
    裏SW、とっても楽しく読ませていただきましたー!

    でこのミニ情報のヘイデン本当に爽やかで美しくて キャー!ってつい叫んでしまいました。
    EP2のアナキンはあれで良いんですよね。
    だからEP3のアナキンが成長して大人の男になってたのが際立つんですね。
    私も硬派な人が好き!です!!!!
    演技に対する姿勢も真面目だし。
    いいなー、ヘイデン。

     
  • At 11:48 午後, Anonymous mappy said…

    こんばんは~
    PCのご機嫌直って良かったですね~
    (イコール私も良かったです、楽しみですもん!)

    う~ん裏も表もフェロモン出過ぎて、飲み会後の私には強烈すぎ~

    フラフラなのでもうZZZ
    いや、かえって目が冴えてしまいました(笑)

     
  • At 11:53 午後, Anonymous まる said…

    またまたこんばんは。
    素顔のヘイデンかわいい&かっこいいですよね。爽やかな風がふてます。いいですね。この写真!
    ヘイデンがかぶっているキャップ欲しいなぁ。

    「マーク・ハミルみたいになる可能性・・・」って質問、かなりマークに失礼だわさ。まぁ事実だからショウガナイ。。(笑)
    ヘイデンは顔もいいけど、演技派だからマークみたいなことにはならないと私は思いまーす。
    マークはEP4後交通事故に遭って、顔にかなり損傷を負ったけど、事故に遭っていなければまた違う俳優生活を送っていたのかな?

    EP2のアナキンに対して不満を言っていたなんて、ヘイデン、まるで本当のアナキンみたいだよ。かわいいけどさ。

     
  • At 12:18 午前, Anonymous 椿 said…

    こちらも素敵な写真!!
    あちこっちで癒されっぱなし、惚れっぱなしですぅ!!
    「EP2」の演技には自身も、一般的な評価も不満だったでしょう〜。でも、ルーカス監督の言う事をよく聞いて、我慢したあんたは偉い!!!酷い評価にもめげず、よくぞ「EP3」頑張った!!監督をけなさず、素直に身を任せて演技したヘイデンがたまらなく愛おしい〜です。「EP2」がラズベリー賞取ってても、毎夜見たくなるほど「EP2」のヘイデンは素敵です!!だから「EP3」があんなにも良いのです。!!!!!

     
  • At 12:54 午前, Anonymous miitanoty said…

    こんばんはー。裏SWおもしろかったです!でも、まだ読むだけ~ふふふ、です。で、こっちに参りました。
     ヘイデンって、素と演技してるときとぜんぜん違っててすごいですよね。でも、一見普通に見える彼、生はすごーくきれいって書いてる方がいました。日劇で、目の前で見て顔が小さくて、妖精みたいだったとか! レゴラスはヘイデンのほうがとも書いてあった気がするんですが、確かに、そうかもって想像すると、いいかもー。金髪は、ぜったいヘイデンがにあう!!!
     なんか、ずれました・・エピ2のヘイデン、よく性格を表現してたと思います! 2も3も、傑作よと後世の人々がきっと言ってくれるでしょう。ふん。
     それから、パパラッチ情報教えていただけると、うれしいです。

     
  • At 2:20 午前, Anonymous sao said…

    こんばんはぁ~。
    真夜中にお邪魔しま~す。
    EP2でそんな不満を言ってたとは知りませんでした。
    ヘイデンは最初からEP3のアナキンをイメージしてたのかなぁ~?
    EP2もかわいかったけどね!
    それにしても、このカメラを持ってるフォト!このま~んまCMに使えそう。指も細くてながくて綺麗ね~~惚れ惚れ~~☆

     
  • At 8:15 午前, Anonymous lynn said…

    おはようございます。
    寝不足のみなさん、すっきりお目覚めですか?
    saoさん《ヘイデンは最初からEP3のアナキンをイメージ…?》
    EP2撮影の段階では、ルーカスは2までの内容しかHaydenに伝えてなかったんだそうです。EP3についてHaydenに分かっていたのはダークサイドに堕ちダース・ベイダーになるという事くらいだったそうな。純粋にEP2の脚本から役作りをしたんですね。すごいな。(ルーカスも)

    細くて長い指、きれいですよね。
    おやつさんの“ウワサ”が本当ならポーカーのチャンピオンの役をやるんですよね?この細くて長くて美しい指がカードを繰りながら度々画面上でアップになり、あの眼差しでジィっと相手を見つめたりしたら、もうそれだけで失神ものです。

    パパラッチ情報、デカメロン撮影中に色々でましたね。ローマ中の女の子とキスしたとか、誰それとホテルの部屋に消えていったとか、やたらめったらパパラッチ写真が出ましたが、一説によるとデカメロン(セックス・コメディ)にあわせた宣伝?だとも…う~む…。

     
  • At 8:29 午前, Blogger m&m said…

    皆さん、おはようございますー。
    mappyさん、大丈夫ですか?飲みすぎでないですか?(笑)飲みすぎた時は爽やかヘイデンで治療してください!(笑)
    nyさん、ローマで「デカメロン」撮影中の時は結構はめをはずしたのか「ローマ中の女の子とキスした」とか噂になったそうです。あくまでも噂です。エリザベッタ以外の女性ともキスの写真パパラッチされてます・・・落ち込まないでねー。私は気にしてませんもん!
    Tomさん、四季の「オペラ座」見たのですねー。キャスト分かります?私の知っている役者かなー?今度映画版も見て下さいねー。
    mac_rinさん、ほんとですよねー。この爽やかさから何故あんな邪悪になれるのでしょう・・・さっすが!
    Akemiさん、そうそうEP2のアナキンはあれで正解なのです。恐らくあの当時は気がつかなかった人も今回で理解出来るのではないでしょうかね?
    まるさん、確かにマークには失礼だったですね。その質問は・・・(笑)それだけ強烈なイメージだったのですね。でもアナキンなんて特にそうだと思いますよー。
    椿さん、「ラズベリー賞」を贈った人たちは私は「馬鹿」だと思っています。(笑)でもEP3で黙ったと思いますよ。EP2はヘイデンの演技に対してではなくキャラクターに対して批評が集まったという意見がありますので、安心です。
    miitanotyさん、私も生へイデン見ましたが「ヨーロピアン」な雰囲気でした。ヒョロヒョロっとした感じです。パパラッチに関しては上記nyさんへのコメントで書いておきましたよー。
    saoさん、ヘイデンは最初からダースベイダーの雰囲気で演じたかったようですよ。EP2のアナキンを。確かにこの写真はカメラのCMにいいかも!

     
  • At 12:22 午後, Anonymous ny said…

    みな様、盛り上がってますねぇ・・私の自宅のPCの調子はイマイチ、ダークサイドへ落ちた? ということで、officeからコメントを。
    m&mさん、パパラッチやっぱり面白そお!!部屋に消えてそれから、それから・・・あ、又昼間から、裏モード!
    私は、今日仕事の後EPIIIを観に、見惚れに?いきますが、どうもこの間のlynnさん発言のズボンが脱げる、破ける・・それと「5ケ月」が頭を占め、裏モードで診て?しまいそうです!!!
    ところで、前の方の席はそんなにいいのでしょうか?
    皆様、まじめにお話していたのに、ひとりスミマセン!!!

     
  • At 7:36 午前, Anonymous 匿名 said…

コメントを投稿

<< Home